東京の起業の費用をカットするバーチャルオフィスを活用しよう

Virtual Office

バーチャルオフィスを利用して収益アップを図ろう

スタートアップ段階にいる起業家は、売上を増やすことに力を入れるのが普通です。それは勿論大切なのですが、事業にとって本当に大切なことは、売上からコストを差し引いた収益を大きくすることです。確かに、売上はどんどん伸びている。しかし、その売上を可能にするためのコストが大きすぎれば、収益の方は赤字になり、その後のビジネスの継続が危うくなってしまいます。
売上ではなく収益のアップを目指すなら、売上にあまり大きな貢献をしないわりに出て行く金額が大きいものからコストダウンすることが必要です。典型的なのは家賃で、こと東京のようにオフィスのレンタル料が高額な場所では、これを削減するだけで収益はぐんと改善します。
これを可能にする一つの方法がバーチャルオフィスです。東京都内のいずれかのバーチャルオフィスと契約すれば、事業所の住所として東京アドレスを使うことが出来ます。バーチャルオフィスは業者ごとに様々な利用プランを用意しており、格安プランなら1か月に千円もかからないものさえあります。自分の事業に、高額家賃の「物件」が本当に必要かどうか。その点について熟考してみましょう。特に売上に対する収益の低さに悩んでいる場合は、バーチャルオフィスへの切り替えが突破口になるかもしれません。

バーチャルオフィスの利用でかんたん起業

ネットの普及によって個人でやれる事が広がり、東京でも起業というものがどんどん身近になっている昨今。しかし起業のためのイニシャルコストというのはまだまだ高いハードルです。
特に東京で個人事業を立ち上げるにあたって、一番のネックになるのが東京のどこに事務所を置くか、ではないでしょうか。東京の企業のような事務所は必要なくても、起業の登記の上で事業所の住所というのは必須です。しかしそのためにオフィスを用意するのもコストも手間もかかります。
そういう時に便利なのが、バーチャルオフィスというサービスです。
バーチャルオフィスとはその名の通り仮想のオフィス。登記の上で必要な住所や電話番号やFAX番号といった連絡先のみをレンタルしてくれるサービスです。レンタルした住所や電話番号に届いた郵便や電話は、別途登録した自分の住所、電話番号に転送されます。
実際に利用できるオフィススペースはありませんが、小さな事業でことさらに事務所を用意する必要がない、と言う場合、無駄を省く事ができます。
何より大きなバーチャルオフィスのメリットはその料金の破格の安さ、特に安い価格で一等地の住所を利用できることです。こうした住所を得る事は、企業としての信頼度にも貢献するでしょう。以上のような利便性から、バーチャルオフィスは東京でも需要が高まっています。
起業準備の際の選択肢に一度考えてみて下さい。

バーチャルオフィスなら副業も快適になる

バーチャルオフィスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。実は近年、このバーチャルオフィスというのが、東京都を中心に人気となっています。バーチャルオフィスというのは、実際にはオフィスで仕事をしていないものの、郵便物を届けたり、手続きに必要な登記が可能な住所として登記することができるとされています。そのため、自宅で仕事をしていたり、副業をしているような人が、自宅などを住所として登録することに抵抗があったりする人にも活用されています。
東京のバーチャルオフィスは東京都を起点に仕事をされている方に広く利用をされています。最近では、副業などで在宅ワークをされているかたもいますし、趣味の延長として手づくりのアクセサリーをインターネットで販売をしているというような人がいますが、自分の自宅を相手に伝えることに抵抗があるという人は多いのではないでしょうか。
そのような時にも、バーチャルオフィスなら自身の住宅を教えずに済みますし、電話代行などもバーチャルオフィスなら利用することも出来ますので、自宅にかかってくることがなく、同居している家族などに迷惑をかけることがありません。そのため、安心して副業などができるようになるはずです。


バーチャルオフィス東京でお探しの方はぜひ千代田区にある【ナレッジソサエティ】を活用しましょう!起業の際の費用をカットすることができます。

choices

post list